腱鞘炎、ヘルニア、肩こりで悩む前に。痛みを克服できる4つの基本事項。

最終更新: 6月18日


1、はじめに

2、私の経験

3、その①ー痛みをそのまま受け取る

4、その②ー痛い場所から意識をそらす

5、その③ー痛い場所だけを治療しようとしないで!

6、その④ー心と体は一体!(サイコソマティック)

7、おまけー写真について





1、はじめに


「痛い」という肉体的な苦痛と、「弾けない(人によっては恥ずかしい)」という精神的な苦痛のダブルパンチ。 本当に辛いですよね。 私自身も2018年まで、腰、肩、手の痛みに悩まされてきました。ドクターストップも受けました。もう弾けない?仕事は?など落ち込み、辛く悲しかったです。


でも、大丈夫!!!

私自身も克服したし、改善を諦めていた友人たちも、この方法(アレキサンダーテクニック)で復活しています。


だから、まずは安心してください!


でも、最初にお願いしたいことがあります。

それは、


痛い時は痛みが少し治るまでなるべく使わない!


あなたがこの先、どんな施術を選ばれたとしても、まずは痛めた筋肉を休ませてあげる。

これは全ての前提です。


そして、その後。このブログで紹介する4つを克服すると、


その痛みが和らぎ、痛みを抑止できる世界が待ってます。



嘘のような本当の話。

では、ゆっくりといきましょう!



2、私の経験

本題に入る前に私の腰椎椎間板ヘルニアや腱鞘炎などの痛み経験をシェアしますね。

若干長いので、すぐ克服方法を知りたい!方は直接次章3へ行ってくださいね。


まずはヘルニア。

2006年に1年半のブラジル独学から帰国し、幸運な事に東京の某ホテルで週5の演奏の仕事が始まりました。ブラジル帰国後無一文だった私は実家に世話になり、通勤往復4時間かけて通っていました。


プロとしての初仕事。

ブラジル人との初仕事。

ポルトガル語はまだまだ話せずいつもドキドキ。

音楽レベルは超初心者。


経験もない私は付いていくのに必死でした。

そしてその心の緊張は体の緊張を生んでいたのでしょう。そのうち足に痺れを感じはじめ、横になるのも痛いほどになり病院へ。

診断は腰椎椎間板ヘルニア。

その当時は何が原因なのかは見当もつきませんでした。


次は腱鞘炎のオンパレード。

2011年、日本での経験を積んだ私は、本場で実力を試そうと、再びブラジルに単身渡伯。

プロミュージシャンとして休日ゼロ人生100%音楽の毎日を過ごして居ました。仕事が入り始めた2013年位から腱鞘炎が度々起こり、それは2018年まで続きました。


腰も手も、専門家の病院へ数カ所行ったり(大量の薬を貰いました)、自然治癒法、針、各種整体やスポーツ整体、占い(何か取り憑いているのか?とまで考えて(笑)まで、すがるような思いで、とにかく、何でも思いつくものはやりました。


一時的には良くなったりもしましたが、慢性的にいつもどこかが痛い人でした。


手の痛みは次第にひどくなり、最終的には結局一音弾くだけでも針で刺されたような痛みが走るようになり、2018年、ついにドクターストップ。 その当時、ブラジルでプロミュージシャンとしてアルバムがベスト50に入ったり、ブラジル最高峰の舞台での大成功など、それまでの「24/7音楽生活」の結果が見えてきて、

「今後もっとキャリアを伸ばしていくぞ!」と絶好調の時だったので、本当にショックでした。でも、後で思えば、ドクターストップにホッとしていた、、かもしれません。


私生活でもCD製作会社の詐欺や裏切りなど、あまり良くない事が続いて居た時期だったので、「こんな状態克服して、また仕事をするんだ!!」と調べに調べまくりました。


そんな中出会ったのが、アレキサンダーテクニック。


最初のレッスンでは


「あなたの体の中の軽い部分はどこ?」と何回も質問されたり、

ピアノをじっと見たり、ゆっくりとピアノに近づいて行ったりしました。。

今でも、ピアノ見ただけで涙が出てきたことを覚えています。。

どんなに自分がピアノが好きで、音楽が好きかということを心の底から感じました。


時間をかけて自分の体や心を観察していきました。

時間が止まったかのように、ゆっくりと進んでいきました。


そして、先生が弾いても良いとおっしゃった時、

あんなに痛かったはずなのに、優しい音で弾けたのです。


正直、何が起こったのかわかりませんでした。


「痛みなく弾けた」という事実。


まるで魔法にかかかったようでした。


もっと知りたいと思い勉強を始め、2年間の教師養成コースに通いました。

もう少し詳しいことは以前のブログに。

読んでみる


絶望的状態だった私から痛みを消し、ドクターストップ前以上に弾けるようになり、

慢性的に起こっていた手以外の体の痛みも消したアレキサンダーテクニック。


今日はそのアレキサンダーテクニックの中でも痛みとともに生活してきた2018年までの間、


どんな専門家からも聞かなかった

私が痛みを克服した4つの基本事項をお伝えしたいと思います。


どれも「言われてみたらそうかもしれない」当たり前の事かもしれません。

そして、その当たり前が、私を慢性痛みワールド、そして、どん底ドクターストップから私を救ってくれました。 パナソニック創業者の松下幸之助さんの有名な言葉に


「うまくやっている人は、なぜうまくやれているか?
それは、うまくやれるようにやっているからだ。
ダメになる人は、なぜダメになっているのか?
それは、ダメになるようにやっているからだ」

当たり前のことを当たり前にできる。もしかしたら、少し難しいのかもしれませんね。




3、その①ー痛みをそのまま受け取る


痛みが出たことで落ち込んでしまったり、

「どうしよう、問題が起こってしまった。。」と感じてしまうのが普通だと思います。

私がそうでした。

痛みを敵視し、落ち込みました。

(でも、友人などから心配されて少し気分が良かったり(笑)。。人間って複雑ですね。)


ただ、このように痛みを敵視してしまうことはとても危険です。



1つ目のあなたに伝えたい基本事項はこちら。


「痛みを憎まないで欲しい」

難しいかもしれませんが、痛みは何処かから飛んできたり、誰から受け取ったもの?ではないですよね。 毎日頑張っている自分自身の何かがバランスを崩し、調整できなくなって、

最終的に痛みとして現れてきた。

つまり、


「これ以上無理しないで欲しい!」「助けて!』という自分から自分への切なるお願いです。