Recife, foi o ALCEU VALENÇA ! Minha vida brasileira nasceu lá 🇯🇵❤️🇧🇷(日本語は下に😉)

com o mestre Adelson , o Melhor baterista do Frevo no mundo !! 

com Spok e querida Cibele que tirou todas fotos !! 

2005.

Depois de parar de trabalhar numa empresa americana e sai do Japão , estava viajando em(ou pelo?) NY , Cuba e Brasil para encontrar o novo lugar para minha nova vida.  

Eu queria tentar aprender a musica popular em São Paulo . Ate entrei na Souza Lima . Só que não estava dando certo. Carnaval chegou, parou todo e minha maê me visitou ao brasil e nos visitamos para o Recife pela primeira vez 🌈 

 

Nos ficamos num Hotel e encontramos com um senhor. Parece que ele é musico e podia falar o inglês pois eu só falava o Inglês. Comecei conversar com ele e falei que eu estou querendo aprender a musica brasileira mas não estava achando aonde posso fazer isso .... 

 

Este senhor me falou , 

- se quiser aprender a musica brasileira , Recife é o melhor lugar !! 

 

Como eu não tinha nada o compromisso , não estava dando certo em SP e já vi que o Recife tem monte de ritmo especial , decidi voltar para o Recife . 

 

AGORA. Adivinha quem foi que falou isso para mim ? 

 

ALCEU VALENÇA

 

Desculpe... Eu não conhecia ele nem sabia o que é Frevo, Baião .... Só sabia bossa nova ou samba ... Depois descobri que ele é super importante na musica brasileira !!!!  

 

E Voltei para o Japão para pegar o visto de estudante e voltei para Recife novamente.

 

Comecei do Zero. Tentei conhecer as pessoas , o lugar para morar sem falava a língua direito, nem sabia a cultura brasileira .. Então nem quero contar o que aconteceu lá. 

Só estudei , estudei musica popular para conseguir tocar alguma coisa. Fiquei lá um ano e meio e acho que só sai 5 vezes para passear .. Só estudava em casa . Ate na época do Carnaval não queria sair (também nem tinha os amigos) e estudava em casa. Todo dia escutava a musica do carnaval da rua e anotava as melodias. 

 

12 meses passaram e encontrei com o rapaz que tocava na Spok Frevo Orquestra nessa época.

Dai acho que comecei conhecer a musica e os músicos de VERDADE graças a ele .

Spok e Adelson foram um dos músicos maravilhosos que eu conheci nessa época.    

Depois casei com ele e voltei para o Japão com ele. Até nos separamos em 2010 todo ano nos voltamos para o Recife na época do carnaval. Imagine todo dia com as musicas do carnaval na rua , em casa , nos blocos , nos palcos !! Que delícia !!! ❤️

 

Talvez por causa dessa minha história a musica brasileira mais forte que esta na minha alma é musica de lá do Recife .

Minha segunda vida como musicista começou lá . Foi linda abençoada mas mesmo tempo foi tão difícil para uma japonesa que não falava portugues , nem sabia a cultura brasileira. 

 

Hoje fui a ver Jazz Sinfónica com Spok e Adelson . O show inteira fique emocionada e chorei. Outro dia quando escutei eles tocando também fiquei assim e quis saber porque eu fico assim .  

e Lembrei todo isso e quis escrever aqui .     

 

今日、何年かぶりにスポッキとアデルソンに会いました。ちょっと歴史を振り返ると。。

 

2005年。

私は6年勤めた会社を辞めて、NY、キューバ、ブラジルに渡って、自分の次の居場所を探していました。

最終テスト?国はブラジル。その頃はまだ真面目にダンスをしてたから(そのためにキューバに行ったし)、カーニバルに向けて、毎週、エスコーラ ジ サンバで猛烈に練習しながら、音楽もしたいと思い始めていて、音楽学校も探していました。サンパウロのソウザリマというところに入ったけれど、ひっぱたかれるは、一度もレッスンで歌わせてもらえないわで(その頃は歌もやってました。。苦笑)、入学金払っただけで、とっとと中退。母も丁度カーニバルに合わせて遊びに来てくれてたので、レシーフェに二人で旅行に行きました。

オリンダの素敵なホテル❤️(その頃はまだお金あった〜〜)

そこで、英語が話せそうで、なんか、ミュージシャンっぽいおじさんに会いました。音楽勉強したいのにうまくいってなかったので、ついついそのおじさんに文句。

「サンパウロでブラジル音楽勉強したいけど、全然ダメ!」

そしたら、そのおじさんは、こう言いました。

「ブラジル音楽が勉強したいなら、レシフェが一番!」

 

私にこう言った人。誰だと思う??

 

知る人ぞ知る巨匠。アルセウ・バレンサ。

 

その時は、全く誰だか知らなかったけれど(大変失礼しました)、別の街で知ってる人もいないし(と言っても、レシフェにもいなかったが)、予定もなかったし、ちょっと調べてみて、レシフェはいろんなリズムが集まった楽しそうな場所っぽいし、ほいじゃ、戻ってくるか?っていう軽いノリで、日本へ帰国して、学生ビザでまたレシフェに帰ってくることに決めました。

 

レシフェに来たものの。。。。

誰か知ってる人?勉強する場所は?。。。。。ない。。。。。。また、キューバの時みた〜〜〜い。ゼロから開始。

この時は、英語しか話せなかったし、ブラジル文化なんて、全く知らなかったから、「電話する」と言われたら、しっかり待ってたり、「会おう」と言われたら、しっかり待ち合わせに行ったり。。そんなことをしていました。こっちの「電話する」「会おう」は、日本でいうと「じゃーね!」みたいな挨拶のようなもの。一事が万事そういう感覚だから、その「ブラジル流」を知らずに、全部「日本流」で行ってしまった私は、「みんな嘘つきばっかじゃん!(激怒)」となり、あっという間に、大好きだったブラジルは、大嫌いな国に大変身!(苦笑)。。でも、今思えば、ほんとーーにこの滞在中の経験はひどかった。言葉もわからず、全く違う文化にくるものじゃないです。。地獄のようだったかも。。

それでも、なんとかミュージシャンになりたい!っていうその気持ち一本で勉強をし続けました。

1年半滞在したけれど、どこかに遊びに行ったという記憶がないです。1分でも惜しくて、ひたすら勉強してた。勉強しすぎで病気になったりもしてました。カーニバルも家に。道から聞こえてくるメロディーを譜に採ったりしてました。学校とかに行ってたわけではないので友達もいなくて、寄って来る人たちは、何か(露骨にお金とか、私の持っているもの何でも)を狙ってる人たちばかり。。勉強は続けるけど、結構大変な状況の中にいて。。。。で、そんな中、出会ったのが昔のだんなさんでした。

彼はその時代、スポッキ・フレーボ・オーケストラの第一サックスでバリバリ活躍してました。その彼に出会ったことで、私はよ〜〜〜〜〜〜やく、「本物の」ミュージシャンと音楽に出会い始めました。それまでは嘘つきばっかりだった(ということも、彼との出会いで明らかに)。。

今日再会したスポッキとアデルソンも、この時に出会いました。そのほかにもタックさん、たっくさん出会うことができました。そういえば、今は亡きドミンギーニョスにもこの頃出会えたんだ。。

感謝です。

彼とはその後結婚して、2010年に別れましたが、2007年〜2010年まで、毎年カーニバルの時期は私たちはレシフェに帰っていました。ギネスブックにも世界一巨大なブロッコとして登録されているガーロ・ダ・マドゥルガーダで演奏したり、彼の実家でも毎日フレーボ、とにかく音楽三昧だった。。もしかしたら、私の中のブラジル音楽の大半はレシフェの音楽なのかもしれないです。

 

今日、サンパウロのジャズシンフォニーと彼らの演奏を聴いて、感涙。

毎回、レシフェの音楽を聴くと涙腺げ緩み、心がドキドキします。

 

なんでだろ??、、、と不思議に思って考えてみました。。。

 

そして、ここまでに書いたようなことを思い出したのでした。

改めて、そっか、私、こんなにレシフェと繋がってたんだな〜と、思ったのでした。

 

スポッキやアデルソンと話そうと思って聞きに行ったわけではないけれど、あまりにも感動して、ショーの後、会いに。出来上がったばかりのCDを持っていたのでプレゼント❤️ このCDにはレシフェのリズムの曲が何曲もあるから、聞いてくれるといいなぁ〜。

 

ここだけの話。2005年のレシフェ滞在中にCD制作を試みたことがありました。無謀な私。。。そのレコーディングにスポッキが参加してくれてたりという小話も。結局、そのCDはお蔵入り。その時、唯一私に「誰がこのCDのお金を出してる?」と聞いてくれ、私が自腹でやっていることを知って、「お礼はいらないよ!」と言ってくれたのがスポッキ。そんな彼の懐の深さを感じられる話もあります。

 

普段は胸の奥の奥にしまっているけれど、今までに授かった色々な素晴らしい出会いに、改めて感謝です。

 

今日も長〜〜いブログを読んでくださってありがとうございました!

 

 

Please reload

注目記事

MAKIKO ; Brazilian Choro Series 1" Camondongas " ( Laercio de Freitas )

February 26, 2016

1/1
Please reload

最新記事